ジスロマックと不妊と寄生虫について

ジスロマックは性病であるクラミジア感染症を治す薬としてよく知られており、高い治療効果があると言われています。クラミジアの治療には長い時間がかかるということですが、ジスロマックは1度の服用で薬の効果が7日程度続くということです。クラミジアは感染しやすい性病であり、一度治っても再び感染してしまうことがあります。そこで恋人やパートナーと一緒に服用して治すようにしましょう。ジスロマックは1回に1000mgを服用するのですが、胃腸が弱い人が一度の1000mgを摂取すると下痢や腹痛などといった副作用が起きてしまうことなどもあります。そこで副作用が心配な場合、500mgを1日1回ずつ3日間に分けて服用するのがおすすめです。水と一緒に服用することになりますが、なるべく食後2時間以上経過してから服用した方が良いでしょう。不妊で悩んでおり、なんとかして妊娠できるようになりたいと考えている人もいるかもしれません。寄生虫が妊娠の可能性を高めるかもしれないとされており、人間の腸内に潜む寄生虫には免疫システムを変え、妊娠しやすい体にする力が備わっていると考えられています。鉤虫に寄生された女性は出産の間隔が長くなる傾向にありましたが、回虫に寄生されると出産の間隔は短くなるということです。これは寄生虫が免疫システムに影響を与え、受胎の見込みにも関わってくるためと言われており、人口減少問題にも影響を与える可能性があるとされています。不妊など妊娠に関する問題の多くは、自己免疫不全に関係してくるため、免疫を高めることで妊娠しやすくなるということでしょう。しかし、受胎の確率を高めるためには科学的に立証された近代医学にも頼る必要があるとされています。